December 27, 2005

●全日本フィギア選手権

figia01.jpg

figia02.jpg

妖精を見てしまいました・・・。


トリノオリンピックの選考会を兼ねたこの大会。
早朝の代々木体育館に入ってまずスケートリンクを見ると、なんと試合前のアップをしている豪華な6人でした。
6人というのはもちろん、代表候補の荒川静香、村主章枝、安藤美姫、恩田美栄、中野友加里、そして真央ちゃん。
席に着く前のこの時点で、どこを見ていいかわからない状態でかなり興奮しました。あちらこちらでピョンピョン簡単に飛ぶわ飛ぶわで。とにかく豪華すぎる。
席についてみると、今までサッカーとか野球とかの競技場でスポーツ観戦していたせいか、2階席でも体育館の席はかなり近く感じた。

そうこうしているうちに、競技が始まった。競技者は24人で前日のポイントで滑走順序は決まる。もちろん奴らは最後の最後だ。
悪いけど、最初の人たちはどんなに下手くそかと思ってみてみると、意外や意外・・・。
うまい・・・。びっくりするほどうまい。
でも不思議なことに、最初から観戦していると段々どれがうまいのかというのが初心者ながらにも分かってくる。

俺はテレビでは足を上げたり回転するのは当たり前のように、そしてジャンプで差がつくと思ってた大きな間違いの一人だったわけだ。
実際はスケーティングの早さ滑らかさ、足の角度、ジャンプの高さなどなど、一人一人相当違う。
7位の舞ちゃんも柔らかく優しいすべりでかなり綺麗だった。その中でも、やっぱり最後の6人は別格で。

一番手の荒川静香の演技を見た瞬間、衝撃でした。
涙が出てくるほど綺麗でいつまでも見ていたい気分になる。演技終了と共に満員のスタンディングオベーション。
続いて真央ちゃんは本当にかわいいバケモノで、恩田美栄の滑りはパワフルで、村主章枝の表現力に圧倒されて、中野友加里の回転は花が咲くようで、不調の美姫ちゃんもなんだかんだ綺麗で・・・。あっという間に終わってしまいました。
って言葉で描いても伝えきれそうにないので、この日の流れだけにします。


運良く大会のあとのエキシビジョンにも入場でき、あの6人以外にも前回のオリンピックの男子シングル金メダリストやら本田武史やら織田信成やら高橋大輔も滑ってくれました。
さらに、スポンサーがロッテだったのでCMでもおなじみのドリカムがサプライズゲストでなんとウインターソングを含め、3曲も歌ってくれました。これにもかなり感動。
エキシビジョンでのYou raise me up / Celtic Woman(いい曲だったので帰ってダウンロード)にあわせての荒川静香の滑りはまさに女王でした。魅せられました。
この曲も荒川静香の滑りをとても象徴している曲なので是非聞いてみてください。
この日の順番をつけるのはおかしい話だけど、しいて選ぶなら”荒川静香””浅田真央””本田武史”の3人は本当にいつまでも見ていたい気持ちになりました。


今まで見たことが無い人、テレビでしか見たことが無い人は機会があれば是非、生で見て頂きたい!!
言葉では言い表せない感動を味わってください。


メディアでよくフィギアスケーターが妖精の様だと発言するけど、あの言葉は嘘ではありませんでした。
一日中夢を見ているかのような・・・そんな一日でした。


LINK-----------------------
女子フィギュア代表選考特集

*design&art系ブログランキング
*blog Village
*kutsulog

Posted by bane at December 27, 2005 08:38 PM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nau-net.com/blog/mt-tb.cgi/126

トラックバック

» フィギュア・全日本選手権/メダリスト・オン・アイス,現地観戦記 from 落書きblog
全日本フィギュアスケート選手権大会とエキシビションの生観戦レポートです。 (1) 2005/12/24(土): 全日本選手権(主に女子ショートプログラムを観戦... [続きを読む]

Tracked on January 4, 2006 04:09 AM
コメント

真央ちゃん…。オリンピック選考からもれちゃったね。
俺的には、出してあげたい気持ちでいっぱいだった!スポーツ選手は年齢が重要だからね。
たった数ヶ月の誤差で、4年も待つなんて…。
4年もあれば人は変わる。真央ちゃんは4年後スケートをしているだろうか?
当の本人が、それほど気にかけていないのが歯がゆい。

知っているとは思うが、フィギアスケートの採点方式が変わった。このことで、選手は確実にポイントを獲得しなければ、順位が上がらない事から、似かよった技を使う選手が増えてくる可能性があると言う。個性や、特徴が均一化され、皆が、らしい演技をする。

それでいいのか?

Posted by taka at December 30, 2005 03:59 AM

でも、当の本人は以外にあっけらかんとして見えるし本当に楽しそうに滑ってるしいいのかもしれない。
それは生で演技を見ると余計そう思うよ。

そして、採点方式が変わって似通った演技になり個性が均一というのは間違い!!
それが、ただ足を上げるのにも、ただジャンプするのにも存分に個性がでるんだなぁ。極端に言うとまっすぐ滑るのにも個性が出てる。特に今回見た6人(荒川、村主、安藤、中野、恩田、真央ちゃん)は、全く違う。
これもブラウン管を通すと分かりづらいのかもな。

だから俺は言う。
生で見ろ!!

Posted by バネ at December 31, 2005 01:33 AM
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)