January 20, 2006

●docomo design project

n702.jpg

docomo design project??なる、NTTドコモがついに、FOMAの新モデル「702iシリーズ」の開発でデザイン重視の5機種を発表しました!!
とはいっても、クリエイター、メーカーのコラボレーションによって製品化したのは、SH、N、Fの3機種だけなんだけど。


そのクリエイターに抜擢されたのは
SH702iD … 松永 真
N702iD佐藤 可士和
F702iD … CDL 平野 敬子×工藤 青石

この中で注目すべきはやっぱり可士和さんでしょう。
フラット&スクエアの可士和さんっぽいシンプルなんだけどインパクトのある外観デザインで、背面部にある300×30ドットのワイド有機ELディスプレイが印象的。

そしてトータル的にアートディレクションする可士和さんらしく、専用フォント「SAMURAI702」を作って、端末内の時計の表示などに使えるようにしたらしい。
可士和さんのファンにとっては買う基準となりそうな特典。
現に、自分もかなりそこには惹かれてるとこ笑。


個人的に残念だったことは、他の作品も見ていても、せっかくのプロジェクトにも関わらず既存のメーカー機種の印象を変えるまでには至らなかったこと。
結局”N”じゃん!!みたいな。ね。
可士和さんのようなトータル的にディレクションするクリエイターの良さをメーカーが縛ってしまった感がある。
デザインはかっこいいけど、結果的には表層デザインになってしまったかと。


新作5機種の展示会を青山スパイラルにて2006年1月17日(火曜)から22日(日曜)1まで開催するそうです。
併せて、可士和さんはキッズケータイも手がけたそうです。


LINK-----------------------
佐藤 可士和
佐藤可士和の仕事と周辺
青山スパイラル
N702iD

*design&art系ブログランキング参加中
LIFE with
Apple Store x hhstyle.com
Apple Store x SEMPRE
Apple Store x MoMA

Posted by bane at January 20, 2006 08:00 PM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nau-net.com/blog/mt-tb.cgi/139

コメント

トラックバックありがとうございます。
決められたスペックの中でデザインをすることは止む得ないことですが、
おしなべて均一化されたマーケティングはデザイナーにとって辛いところでしょうね。

Posted by Kstyle at January 21, 2006 11:56 PM

コメントありがとうございます。

たしかに止むを得ないですよね。
佐藤可士和さんが手がけると報道されたときはもっと違う観点からディレクションし直すのかなと期待していたので、ちょっと残念でした。

今後のドコモへの勇気に期待です。

Posted by バネ at January 23, 2006 12:53 AM

docomoといえば、
ちょっと前に佐藤卓さんがデザインしたモデルがあったじゃない?
あれは、デザインプロジェクトではないのかな?

なんかシンプルで気になってたんだけど。
あんまり、デザインデザインしてないところが
卓さんっぽくて好きだったなぁ。

Posted by まじま at January 25, 2006 11:32 PM

あれはちょっと違うのかな?
卓さんがデザインするのに全然話題にしなかったよね。

あれもどうしても内側からLEDを飛ばしたくてあのシンプルなデザインにしたって卓ちゃんのHPで解説してたよ。
あの薄さで丸く水滴のようにぼかしながらっていうのが技術屋泣かせだったらしい。

Posted by バネ at January 30, 2006 01:59 AM

まぁ、卓さんは
「自分、アーティストでーす。」
って感じの人じゃないしね。

デザインプロジェクトって名前がなくても
引き受けちゃうんだろうなぁ。

ってか、なんだかんだいって、
デザイナーの無理難題をカタチにしてしまう
技術力ってすごいよね!!

Posted by まじま at January 30, 2006 11:07 PM

そうね。それは常に思うね。

建築も設計より建てちゃう人のほうがすんごいよね。

ってすごいよね!!

Posted by バネ at February 2, 2006 10:49 PM
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)